コロナウイルスとジャック・アタリ

 昨日(2020/05/25)「緊急事態宣言の全国解除」が発表になった。本当に大丈夫ですかねと思いつつ、安倍首相から「日本モデルの力を示した」を聞いてぎょっとした。「日本モデルの力」を誇る前に、総括を先にしないと第二次、第三次の波に対応できないのではないかと不安になった。

 先日、GUTPのワーキングショップでフランスの知性と言われているジャック・アタリの本を推薦した。

 その1冊の『2030年ジャック・アタリの未来予測 (Vivement après-demain (2016)』に今回のパンデミックを予告する箇所を見つけた。その本の中には、準備がまったくされない中、これまでにないタイプのインフルエンザそれもスペイン風邪と同等の猛威がくる恐れがあるとあった。

 『2030年ジャック・アタリの未来予測 (Vivement après-demain (2016))』は3つの大きな章から出来ている。
1.現状の世界分析
2.2つの予想図
3.対処すべきガイドライン

 3の対処すべきガイドラインは3つのテーマで書かれている。
1.個人としてどうすべきか
2.社会としてどうすべきか
3.フランスとしてどうすべきか
 いずれも説得力のある内容となっている。お時間があれば是非読んでもらいたい。

中島 高英

メニューを閉じる