三重県知事より三重県DX寺子屋講師の委嘱状を付与されました

2021年7月4日(日)に三重県四日市市にて「デジタルものづくり推進拠点」設置・「DX寺子屋」開講キックオフイベントが開催されました。

東京大学グリーンICTプロジェクト(以下GUTP)ステアリング委員である株式会社シムックスイニシアティブ 代表取締役CEO 中島高英もオンラインにて参加し、鈴木三重県知事より三重県DX寺子屋講師の委嘱状を付与していただきました。

キックオフイベント 記念撮影(写真提供:三重県)

7月中旬より開催されます三重県DX寺子屋の講師として、尽力していく所存です。

■「デジタルものづくり推進拠点」とは
三重県内ものづくり企業のDX取組段階に応じたきめ細かな支援を行いながら、持続的に企業の変革を推進していくため、県内企業のDX推進のハブとして設置。
運営主体は、三重県、四日市市、三重県産業支援センターであり、GUTPがスペシャルアドバイザーとして参画。

■三重県DX寺子屋とは
「デジタルものづくり推進拠点」の事業の一つとして、DX読み書き(データの集め方・見方)、DXそろばん(データの使い方)を習得することを目指し、実施される。(7月14日開講 全12回開催予定)